焼き一生 受け継がれる匠の技

香ばしい深い味わい

“串打ち3年、裂き8年、焼き一生”

お客様に喜ばれるために、大原屋は昭和初期創業以来、
鰻本来の美味しさを追求し、技術を磨いて参りました。
伝統を守りながら、お客様のご期待に応え続けられるよう、
質の高い鰻を見極め、一つ一つ丁寧にさばき、熟練の技術で焼き上げます。
香ばしい風味と鰻まるごとの旨みをじっくりとお楽しみください。

生きたタレ

先代が試行錯誤の結果生み出された秘伝のタレは、
八十年以上にわたり継ぎ足し継ぎ足し、受け継がれてきました。
一日もかかすことなく作り続けられたタレは、
繊細な生き物を育むように、大切に守られてきました。
全ての旨みが溶け込んだ極上の深い味わいです。

お知らせ一覧へ

炙り鰻 独自に工夫、絶妙な焼き加減で仕上げる

当店では、鰻を背割きし蒸篭で蒸し焼き上げる
オーソドックスな調理法に加え、
蒸さずに焼き上げる独自の”炙り”も人気です。
“炙り白”は、白焼きを使った炙りで、
カボスの果汁や薬味と召し上がっていただけます。
“炙り赤”は、蒸さずにタレ焼きをする遠州風の蒲焼を
独自に炙りに工夫しました。
中はふっくら、外はぱりっとして、
独特の風味と食感をお楽しみいただけます。